捻挫の治療はしっかりと

昭和60年卒の渡辺中会員が両足首の手術のため、12月はじめより2~3ヶ月入院するそうです。
ちなみに、経営するレストランバー「あなぐま」はその間は休業です。

昨日その「あなぐま」に行きましたが、ロボットのような歩き方でかなりつらそうでした。
学生時代の捻挫が完治ししていなかったため、徐々に足首が変形してしまったとのこと。
立ち仕事であることや、体重の影響もあるのでしょう。

よく「捻挫より骨折のほうが良い」といいます。
骨折はギブスで固定するなど完治するまできちんと治療しますが、捻挫はついつい治療がおろそかになりがちだからです。
柔道経験者に捻挫はつきものですから、過去に捻挫をした箇所に違和感を感じたら、早めに整形外科等で診察を受けることをお勧めします。

渡辺会員の手術の成功と早期回復を祈るばかりです。
スポンサーサイト

忘年会の返信ハガキ

現在、12月5日(土曜日)開催の柔桜会忘年会出欠の返信ハガキを、連日会員の皆様よりいただいております。
今年も出席いただける会員の方が少なく非常に残念ですが、とりあえず返信いただけるだけでもありがたく、めげずに集計しています。
近況報告をお寄せいただいた会員の方もいらっしゃり、「ホームページへの掲載可」としていただいた方の近況報告については、近々紹介させていただきます。

30歳代の会員の方から(残念ながらホームページへの掲載の可否について記入が無かったため、匿名で紹介させていただきます)、「子供達が新型インフルエンザにかからないよう、おびえながら過ごしております。」と、小さなお子さんをお持ちの方にとっては最大の関心事といえる近況報告をお寄せいただきました。

新型インフルエンザの予防接種もようやく始まりましたが、最近驚いたのは、インフルエンザの予防接種は医療費控除の対象外という事です。

ご承知とは思いますが、医療費控除とは「前年に医療費の支払いがあった場合には、翌年の確定申告において、一定の金額(原則:実際に支払った医療費の合計額-10万円)を所得から控除することができる」制度です。

医療費控除の対象となる医療費には、マッサージや針治療なども含まれており(疲れを癒すためのマッサージなどは含まれませんが)、比較的幅広いと思っていたので意外でした。
あくまでも医療なので、予防は含まれないとの見解なのでしょう。

話が横道にそれてしまいましたが、12月5日(土曜日)開催の柔桜会忘年会の出欠は、11月25日を一応締め切りとさせていただいております(ギリギリまで参加はお待ちしておりますが)。
ご連絡は公式ホームーページからも可能です。
より多くの会員の皆様の参加をお待ち申し上げるとともに、残念ながら出席いただけない方も近況報告をお寄せいただけたらと思います。

学習院柔道部OBのブログをはじめました!

学習院柔道部公式ホームページよりは肩の力をぬいて(とは言いつつも、ある程度は節度を守って)、OBの皆様の情報や、事務局こぼれ話などを掲載してまいります。

公式ホームページの「お問い合わせ」から、気軽に情報や写真をお寄せいただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード